Japan Metal Indies

FLATBACKER , E・Z・O / フラットバッカー , E・Z・O





  • Vo:山田 "MASAKI" 雅雄
  • G:飯田 "SHOYO" 昌洋
  • B:高橋 "TARO" 太郎
  • Ds:本間 "HIRO" 大嗣

BIOGRAPHY

FLATBACKER
1982年、北海道札幌市で結成。この時はヘヴィメタルとハードコア、スラッシュメタルを組み合わせたサウンドを展開しており、
強い個性を放っていた。また過激な歌詞、山田雅樹の力強い歌唱も特徴の一つ。
1985年に1stアルバム『戦争 -アクシデント-』を発表。
当時のメタルファンの人気を得ることに成功し、1986年には2ndアルバム『餌 -ESA-』を発表するも、ここでも人気を獲得。
日本で好調ぶりを見せつけたものの、世界規模での活動に向けて渡米、バンド名も『FLATBACKER』から『E・Z・O(イーズィーオー)』に改名、
日本での活動は極めて短かった。なお、『EZO』の由来はメンバーの出身地である北海道の旧国名、蝦夷からである。
E・Z・O
E・Z・O改名後の1987年に1st(FLATBACKER時代から数えれば3rdにあたる)アルバム『E・Z・O』を発表。
プロデュースにキッスのジーン・シモンズを迎える。
FLATBACKER時代の音とは違って、ジーンのプロデュースなだけに歌舞伎を彷彿させるのメイクを施し、
当時アメリカで忍者ブームだっただけに『忍者メタル』として売り出し、ミドル・テンポを生かしたヘヴィ・ロックへと路線変更。
当時、FLATBACKER時代からのファンの間で賛否両論もあったものの、完成度は高かった。
同年、ガンズ・アンド・ローゼズとのクラブツアーも実行していた。
1989年には隈取りメイクを止めてしまい、アルバム「FIRE FIRE」をリリース。
だが1990年、E・Z・Oとして日本の地を踏むことも無くバンドは解散する。
解散後、山田はLOUDNESSにボーカリストのマイク・ヴェセーラの後任として加入。
後にLOUDNESSからドラムの樋口宗孝が脱退すると、本間が樋口の後任として加入する。
2000年にLOUDNESSがオリジナル・メンバーでの復活後、山田はニューヨークを拠点に活動しているが、
現在はアメリカでFIRESIGNなるバンドで女性シンガーを従え、ベーシストとして活動している模様。
一方で本間はLOUDNESS時代に柴田直人と知り合ったこともあり、現在は再始動したANTHEMに参加している。
飯田と高橋は第一線から退いており、高橋は現在レコード会社のディレクターを務めている。
フラット・バッカー(後E・Z・O) / FLATBACKER

DISCOGRAPHY ~ FRATVACKER ~

1984
・7曲入りテープ
『MINAGOROSHI / 皆殺し』

    <Side A>
  1. ISRAEL
  2. DEATHWISH
  3. BREAKER
    <Side B>
  1. 皆殺し
  2. WIZARD OF ARABIAN
  3. MI-MI-ZU
  4. CAMOUFLAGE
1985
『DEMO 1985』

  1. HARD BLOW
  2. DANCE
  3. NADARE

FLATBACKER

1985.8.21
『戦争(アクシデント)』


  1. HARD BLOW
  2. DEATHWISH
  3. MI-MI-ZU
  4. DANCE
  5. BANISHMENT
  6. MASSACRE
  7. ACCIDENT
  8. GAS
  9. SNOWSLIDE
  10. CAMOUFLAGE
1986.2.21
『餌(ESA)』 / FLATBACKER


  1. GUERRILLA
  2. CUT ME DEAD
  3. CLOSING
  4. BAD LOSER
  5. DEEP INSERT
  6. NERVOUS DISTURBANCE
  7. HUMAN
  8. AFFECT A SMILE
  9. STARVATION
  10. BURST 1986
NCS-812
2011.12.21
『SUPER BEST』

  1. DEATHWISH
  2. HARD BLOW
  3. GUERRILLA GANG
  4. Mi-Mi-Zu
  5. DANCE
  6. COMOUFLAGE
  7. MASSACRE -宣戦布告-
  8. AFFECT A SMILE
  9. ACCIDENT
  10. DEEP INSERT
  11. BANISHMENT -追放-
  12. BURST 1986

FLATBACKER VIDEO & DVD

1985.12.18
『WAR IS OVER!』
  1. DEATHWISH
  2. HARD BLOW
  3. BANISHMENT
  4. MI-MI-ZU
  5. LEOPARD'S EYES
  6. MASSACRE
  7. CAMOUFLAGE
2004.9.22
『WAR IS OVER and CLIPS!』


    <Live -War is over->
  1. DEATHWISH
  2. HARD BLOW
  3. BANISHMENT
  4. MI-MI-ZU
  5. LEOPARD'S EYES
  6. MASSACRE
  7. CAMOUFLAGE
  8. <Video Clips>
  9. HARD BLOW
  10. BURST 1986
  11. AFFECT A SMILE

E・Z・O

1987.4.6
『EZO』


  1. HOUSE OF 1,000 PLEASURES
  2. FLASHBACK HEART ATTACK
  3. MR.MIDNIGHT
  4. HERE IT COMES
  5. I WALK ALONE
  6. DESTROYER
  7. BIG CHANGES
  8. KISS OF FIRE
  9. DESIRE
1989.5
『FIRE FIRE』


  1. LOVE JUNKIE
  2. NIGHT CRAWLER
  3. FIRE FIRE
  4. WILD TALK
  5. BURN DOWN THE NIGHT
  6. BLACK MOON
  7. BACK TO ZERO
  8. COLD BLOODED
  9. SHE'S RIDIN' THE RHYTHM
  10. STREET WALKER
  11. MILLION MILES AWAY

E・Z・O SINGLE

1987.3.21
『HERE IT COMES』
<English Version>

<Japanese Version>

<US 12inch Version>

  1. HERE IT COMES
    (English Version)
  2. HERE IT COMES
    (Japanese Version)
※ジャケットは、4種類あり。
1987.6.21
『FLASHBACK HEART ATTACK』
  1. FLASHBACK HEART ATTACK
※A面のみ収録

E・Z・O VIDEO & DVD

1988
『E.Z.O』
  1. HERE IT COMES
  2. KISS OF FIRE
  3. FLASHBACK HEART ATTACK
2004.9.22
『E.Z.O - RETURNS -』


  1. HERE IT COMES
  2. KISS OF FIRE
  3. FLASHBACK HEART ATTACK
  4. MILLION MILES AWAY
  5. HERE IT COMES
    (Japanese Version)
  6. <Extra Track>
  7. Making of EZO
  8. <includes MILLION MILES AWAY Studio Version>

V.A.

TECH 22350
2013.07.17
『METAL MINDS~ジャパメタ マニアックス~』

  1. QUESTION / X-RAY
  2. S.D.I. / LOUDNESS
  3. STRAIGHT FIGHTER / RAJAS
  4. WONDER LAND / M.T.FUJI
  5. IMPACT / MARINO
  6. ORION / BLIZARD
  7. STREET ROCK'N ROLLER / 44MAGNUM
  8. DISTRACTION / 本城未沙子
  9. RISKY / 横関敦
  10. RUN FOR THE BORDER / STILL ALIVE
  11. GUERRILLA GANG / FLATBACKER
  12. Running Forever //WOLF
  13. REAL LIFE / GROOVE MASTER
  14. SAMURAI WARRIOR / SEX MACHINEGUNS
  15. ダンウィッチの怪 / 人間椅子
  16. HEAVY METAL IS DEAD / 聖飢魔II

↑このページのはじめに戻る