Japan Metal Indies

Precious / プレシャス

プレシャス・ロゴ

左から、鈴木、西條、松由、田原

左より、マイケル・ハマー、西條 幸男、梶山 章、
金光 健司

BIOGRAPHY

---第1期---

  • Vo:西條 幸男
  • G:鈴木 広美
  • B:田原 俊和
  • Ds:松由 雅裕

---第2期---

  • Vo:西條 幸男
  • G:梶山 章
  • B:マイケル・ハマー
  • Ds:堀江 睦男
  • Kb:岡垣 正志

---第3期---

  • Vo:深川 英二
  • G:梶山 章
  • B:マイケル・ハマー
  • Ds:金光 健司
  • Kb:佐藤 尚吾

---第4期---

  • Vo:深川 英二
  • G:梶山 章
  • B:木本 高伸
  • Kb:高浜 祐輔
  • Ds:金光 健司

---第5期---

  • Vo:深川 英二
  • G:梶山 章
  • B:木本 高伸
  • Ds:岡野 健太郎
  • Kb:高浜 祐輔

'86年9月に結成。
The Laneのメンバーだった西條 幸男がバンド解散後、以前から交友のあったエルサレムの鈴木 広美とセッションし、そこで意気投合。これがプレシャスの母体となる。
その後、'86年当時ほとんど無名の存在だった梶山をなんとかシーンに知らしめようと、彼の才能に惚れ込んだマンドレイク・ルートの
ウリ川本氏が彼を中心としたソロ・プロジェクトを計画。

まずは、有名で実力のあるミュージシャンを集めて、セッション・シングルをリリース。
それの反響によって正式にメンバーを集め、パーマネントなバンドをスタートさせるという企画を立てた。
シングル製作に向けてのセッション・メンバーには当時ハイ・ドラッグで活躍しており、すでに梶山とは知り合いだった
マイケル・ハマーをベースに、そしてヴォーカリストには大阪の伝説的バンド、"スネーク・チャーマー"に在籍していた事もある
元"ザ・レーン"の西條 幸男が選ばれた。


キーボードとドラムスのメンバー探しには難行したが'87年初頭に、キーボーディストにはたっての希望通り"テラ・ローザ"の岡垣 正志が。
そして、ドラムには"ウルフ"の堀江 睦男が決定。
さらに、西條の旧友である大谷 レイヴンまでが、サウンド・プロデューサーとして協力。
'87年4月、『Crazy For Your Love』としてリリース。
その後、シングルの評判が好評だった為、パーマネント化を決定。ドラマーには金光 健司が参加。
シングルには、梶山の手によるメロディアスでクラシカルなドラマティック・ハード・ロック・ナンバー2曲が収録されている。
後期にはメロディアスな中にもキャッチーさを取り入れた曲も増えていった。
1st.アルバムを制作した'89年には、高浜祐輔(Kb.)、 木本高伸(B.)といった逸材を得て、当時の日本のハード・ロック・シーンにおいて、
最もテクニックのあるバンドと噂された。
結成から解散までの5年間に2枚のシングルと 1枚のアルバム、1本のビデオをマンドレイク・ルートよりリリース。

●梶山 章 プロフィール
山口県出身。かつて、1980年代後半日本のHR / HMシーンにおいて、速弾き競争が激化していた。
そんななか、その速弾き競争をすべて無意味にした凄腕ギタリスト、それが梶山章その人である。
1987年に梶山は「Precious」名義で出した「Crazy For Your Love」でその名を日本のHR / HM界に知らしめた。
梶山は、そのテクニック表現力においてほかの速弾きギタリスト達とは数段レベルが違っていたという。
しかし、「Crazy For Your Love」のあまりに鮮烈なイメージのため、自分の本来目指すものとは異なる”様式美”を求められることとなる。
そして、バンドメンバーとの関係等にも問題が生じ、1990年にアルバム「To Glory We Steer」をリリースして
そのままバンドは自然消滅してしまう。
そして、しばらくの間は活動を休止していたが1996年ディープパープルのトリビュート「Who Do They Think We Are?」に参加。
その後レインボーのトリビュートアルバム「虹伝説」に参加し、それがきっかけとなり、ジョー・リン・ターナーと知り合うこととなる。
そして、それを機に ジョーのアルバム「UNDER COVER」に参加。
そして、2000年に入ってからはジョーのアルバム「Holy Man」に楽曲を提供、もちろんギタリストとしても参加。
またグレン・ヒューズとジョー・リン・ターナーのヒューズ&ターナー・プロジェクトにもギタリストとして参加している。
PRECIOUS結成。90年AL『TO GLORY WE STEER』発表。翌91年にバンドは解散、その後は様々なセッション活動を行う。 下山武徳が06年に発表したソロAL『SINGER』ゲスト参加し、DOUBLE DEALERが解散した下山と08年にニュー・バンドを結成。

DISCOGRAPHY

---第1期---
・2曲入りシングル
『Crazy For Your Love』

  1. Crazy For Your Love
  2. As Time Goes On
---第2期---
・2曲入りシングル
『Blasting Your Head』

  1. Blasting Your Head
  2. Black Mad Space
---第4期---
『Secret Live』

  1. Shining Through The Night
  2. Blasting Your Head
  3. Immortal Oath
  4. Die For Glory
  5. Wasting My Time
  6. Peace Of Mind
  7. Back To The Memory
『To Glory We Steer』

  1. Burning Vengeance
  2. Shock Wave
  3. Back To The Memory
  4. Imortal Oath
  5. Blasting Your Head
  6. Wasting My Time
  7. Die For Glory
  8. Shining Through The Night

『Singles Collection』

  1. Crazy For Your Love
  2. As Time Goes On
  3. Blasting Your Head(Re-Mix)
  4. Black Mad Space
'87年と'88年にリリースされたアナログ盤のシングルをまとめ,
リミックスされCD化したもの。
テラ・ローザの岡垣や,堀江も参加している。
  • Vo:Yukio Saijoh
  • G:Akira Kajiyama
  • B:Michel Hamar
  • Ds:Nobuo Horie
  • Kb:Masashi Okagaki

VHS,DVD

25MR-H-1
1989.03
『Hush! Vol.1』

  1. Rockin' High / Bottoms Up!
  2. Crazy For Your Love / Precious
  3. Ruins of Death / Jewel
  4. Blue Fire / Dancer
  5. One of Sections "lap" / Terra Rosa
  6. Catch the Shine / Jewel
  7. Cry of My Heart / Jewel
  8. Want You / Jewel
  9. Violent Emotion / Dancer
  10. The Wanderer / Dancer
  11. Through in the Night / Dancer
  12. Masquerade / Nautiluss
---第3期---
・4曲入りビデオ
『Shining Through The Night~1999 Version~』

  1. Burning Vengeance
  2. Die For Glory
  3. Shining Through The Night

  4. ◆Bonus Track◆
  5. Shining Through The Night (Live 1990)

解散から7年の歳月を経たPreciousが、
'99年11月に1回限りの再結成ライヴを行ったのを記念して
再発した'91年リリースのプロモ・クリップ集。


2006.01.21
『One Night Returns』

  1. Shining Through The Night
  2. Burning Vengeance
  3. Shock Wave
  4. Fly For The Nigh t(新曲)
  5. Ds Solo
  6. Black Mad Space
  7. Key Solo
  8. Die For Glory
  9. Blues~G.Solo
  10. Wasting My Time
  11. Blasting Your Head
  12. Back To The Memory
  13. Peace Of Mind
  14. Crazy For Your Love

  • G:梶山 章
  • Kb:高浜 祐輔
  • Ds:金光 健司
  • Vo:藤本 朗 (Vo:元X-RAY)
  • B:内田 雄一郎 (B:筋肉少女帯)

あの梶山 章が、80年代後半から90年代初頭にかけて率いていた伝説のバンド「プレシャス」。
本作品は、1999年11月6日、活動休止から7年の時を経て、1晩だけ再結成されたプレシャスのライヴを収録した貴重なDVD-R。
参加メンバーは梶山 章(G)、高浜祐輔(Key)、金光健司(Ds)の3人の元メンバーに加え、当時地方在住だった深川英治(Vo)、木本高伸(B)に代わり、元X-Ray 他の藤本 朗をVoに。
筋肉少女帯の内田雄一郎をBに迎えたラインナップ。たった一晩だけの再結成につき、選曲もプレシャスのベスト的選曲。
各メンバーのソロ・パートまで収録。ファンの人なら懐かしさで胸が熱くなることまちがいなし!
改めて彼らの演奏力の凄さと、楽曲の完成度の高さを思い知らされるでしょう。


↑このページのはじめに戻る